スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに会話してみることにした

リーフィ「ということで、今日は会話回でござる!
     最近出番減ってない?とかいう人も、今日は無礼講だからね!w」


にとり「で、結局集まったのが私一人と」

リーフィ「うるしゃい!!きっと偶然だし!
     みんな忙しいから予定会わないだけだしおすし!」


にとり「最近その「おすし」ネタ流行ってるよね、一体どこからネタを仕入れてきたの?
    3年前の流行りを今更感じとってそれを今の流行りと勘違いするリーフィ君」


リーフィ「全く褒めるんじゃない!照れるじゃないか」

にとり「ついにあんたの脳細胞は暴走を起こしてきたようだね
    今日は永琳先生を呼んでいるから一緒に解剖してあげよう」


リーフィ「やめて!?ちょっとふざけただけなのにその仕打ちって何よ!?
     第一俺って脳あるのかね?カービィ体系だし」


にとり「わからないんだったら分解して確認したほうがはy」

リーフィ「却下。第一そんなことしたら確認するまでに天に召されてしまうではないか」

にとり「天に召される?何それおいしいの?」

リーフィ「それそこできた!?ちょっとタイミングおかしいよ!?
     こいつに普通の会話は通用しないのか・・・・・・・?」


にとり「何を言っているのよ、科学に犠牲はつきものじゃない」

リーフィ「俺に脳があるからと言って喜ぶ人は果たしてどれくらいいるんだろうね
     ・・・・・・・なんか案外いそうな気がしてきたのは俺だけだろうか」


にとり「大丈夫・・・・はぁん・・・リーフィは・・・・私が分解してあげる・・・・」

リーフィ「ヤンデレポーズ止めろ!え、何その道具!うわなにをするやめアッー!」

にとり「ということで今日の記事終わり!またね!」

リーフィ「落ちてねぇよ!!!」
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © リーフィの未熟ブログ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。