スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローリンガール

いやぁ、いい曲だなぁローリンガール
綺麗なBGM、透き通るようなミクの声。
うむ、神曲だ!


だけど・・・・・・・・・・
解釈が悲しいな!?
薬だのいじめだのなんかひどい解釈の仕方ばっかりではないか!?
そんなの嫌だ!Happy Endを望んでいる俺にとってはそんなの嫌!
ふざけんなふざけんなふざけんなー!


ということで・・・・・・
俺流解釈を公開します!
非常に無理がありますが、そこはご容赦願いたいです!


題名!

グリーンカオスエメラルドスマブラ超下手な女の子とプリンの物語グリーンカオスエメラルド

ブルーカオスエメラルド登場人物ブルーカオスエメラルド

ローリンガール
引きこもりがちの少女。家族ともろくに話をせず、小学6年生の今までずっと引きこもりで暮らしていた。学校にも行かず、独りで、ずーっと。
使用キャラはプリン。レベル1、1対1でどうしても勝てないらしい。
ちなみにローリンガールというのはプリンの必殺技「ころがる」に由来しているらしい。


ローリンガールの母親
ローリンガールがどんなことになろうとも、ずっとやさしく見守ってきた母親。どんなにローリンガールが突き放しても、いつも変わらぬやさしい笑顔を見せてくれる。
スマブラXを買ったのはこの人
脳内イメージでは秋子さんのような人。


ローリンガールの父親
弱い父親。はっきりと意見を言われてしまうとなにもいえなくなってしまう様な人。
しかし決してローリンガールを見捨てたりはしない。いつも真正面から向き合う人
脳内イメージでは遠野志貴のような人。



ロンリーガールはいつまでも 届かない夢見て
(打倒レベル9)

騒ぐ頭の中を掻き回して、掻き回して。
(勝てる、勝てると自己暗示中)

「問題ない。」と呟いて、言葉は失われた?
(独り言、勝てると思って「問題ない」次の瞬間デデデの横スマで死亡)

もう失敗、もう失敗。
(何回やっても「ころがる」のフル溜めがよけられ自滅)

間違い探しに終われば、また、回るの!
(間違い探しの結果=気合不足、とりあえず必殺技やっときゃ勝てると思ってる)

もう一回、もう一回。
(勝てるまでやると今日も決める、勝てっこないのに)

「私は今日も転がります。」と、
(何故か宣言してから必殺技)

少女は言う 少女は言う
言葉に意味を奏でながら!
(「歌う」もたまには使ってみる)

「もう良いかい?」
(父親の声。テレビを独占されているので返してほしい)

「まだですよ、まだまだ先は見えないので。息を止めるの、今。」
(全然勝てないことに憤りを覚えている。何故か息を止めながら戦闘中)

ローリンガールの成れの果て 届かない、向こうの色
(スマッシュボールの虹色。何故かCPUに全部取られる)

重なる声と声を混ぜあわせて、混ぜあわせて。
(やっぱし「歌う」も混ぜる、でもスカる)

「問題ない。」と呟いた言葉は失われた。
(つぶやいた瞬間にデデデの横スマ)

どうなったって良いんだってさ、
(父親「どうだっていいだろう・・・・・・」)

間違いだって起こしちゃおうと誘う、坂道。
(ローリンガール「自殺・・・・・・しちゃおうかな・・・・・」
 父親「ごめんなさい私が間違っていました」

もう一回、もう一回。
(やっぱし勝てずにもう一回)

私をどうか転がしてと
(自分も転がりたがるローリンガール。転がってもしょうがないのに)

少女は言う 少女は言う
無口に意味を重ねながら!
(当たらいとわかっていつつも「歌う」)

「もう良いかい?」
(父親の声。ここ一週間テレビを見ていない)

「もう少し、もうすぐ何か見えるだろうと。息を止めるの、今。」
(勝てる、これは勝てますよ!そして何故か息を止めながら戦闘するローリンガール)

もう一回、もう一回。
(また戦う)

「私は今日も転がります。」と、
(なんでか宣言。誰に言ってんだろ)

少女は言う 少女は言う
言葉に笑みを奏でながら!
(これは・・・・・・・・・勝てる!)

「もう良いかい?」
(父親の声。1か月間テレビ見ていない)

「もう良いよ。そろそろ君も疲れたろう、ね。」
(勝てそうだと自信を誇る。プリンにも気を使う。)

息を止(や)めるの、今。
(デデデの横スマ)




母「ふふ・・・・・・相変わらず夢中になって」

父「何を笑っているんだよ。ここの所、ずっとゲームやりっぱなしじゃないか」

母「それで良いんです。あの子、今まで何かに没頭するようなことがなかった。誰にも興味を持たなくて、何も興味を持たなくて、挙句の果てには、誰からも興味を持たれなくて。でも、スマブラというゲームにいまあの子は没頭している。あの子にとって、初めて何かに夢中になれるようなことができた」

父「それもそうだな。成るように成る、この言葉を信じよう」

母「成るように、成らせて下さいね?」

父「フッ、それはお互いの努力だろうな」



なんか変な物語もつけちゃいました。お粗末さまでした!w
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © リーフィの未熟ブログ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。